<レポート> 第4回 ボイス読書会 「幕末純情伝」 10月29日

秋台風がにわかに訪れた神無月のアフタヌーンに第4回のボイス読書会が開催されました。
場所は駒込地域文化創造館。参加者3名。
幕末を所狭しと駆け回った青春は眩しいばかり。
全編を通じて途轍もない熱を発するつかの世界に胸が熱くなり、読了後は感無量で言葉を発することが出来ず。
深い余韻の残る会でした。

読了後のディスカッションの抜粋をご紹介します。

・史実とはずいぶん異なる
→事前に幕末の知識を知っておくともっと良かったかもしれない
→つかの解釈が先行している
→幕末に仮託してつかが自分の描きたいものを描いた気がする
→先行作品としての飛龍伝は見逃せない
→幕末純情伝を事前に読んでいなかったが、これで良かったような気がする。

・沖田が女性に転換されていること
→女性がバッタバッタと人を斬っている様、イメージできない
→作中で沖田が淡々と人を斬ってきたような雰囲気が気になった
→何故沖田を女性にしたのだろう?
→作中では弱者へのまなざしが描かれている
→社会的弱者としての記号のひとつとして考えていたかもしれない
→飛龍伝から踏襲しており、面白い演劇を作りたいつかの本能的判断だったかもしれない

・作中での「やってらんねえよ」は、みんな抱えてる思い
→何だかうまく消化しきれなかった
→現代に置き換えればいろんな武器(手段)がある
→何も人を斬るだけが手段ではない
→人を斬るということに結びつかない

・ジェンダー
→つかの時代と現代とでジェンダーに対する考え方がずいぶん異なる
→卑猥な言葉が出てくるし、物語を通じて男女のそういうのが語られる
→男女という大きなテーマがこの作品にはある
→一方で庶民や弱者に夢や希望や勇気を与えるというのもある
→何かしっくりしない
→描かれているのが現実の女性よりも『つかの』女性に寄っているかも

・デモクラシー
→伏流水のように作中を流れる精神がデモクラシーを乞う心
→新撰組の面々は弱者の代表のようなもの
→彼らのいじましい夢は叶わない
→坂本竜馬はそんな彼らの夢が叶う世の中を夢見ている
→デモクラシーのアイロニーがここにはある
→太平洋戦争に敗北してデモクラシーを与えられた国の物語である
→幕末を舞台としながらも現代の日本に通じている

・つかの発する熱
→現代に通じている
→いま読んでも胸を打たれる

Comments are Disabled