Posts Tagged: 開催レポート

<レポート> 第1回 ボイス読書会 「ロミオとジュリエット」 1月29日

爽やかな冬晴れとなった1月29日にボイス読書会の第1回 「ロミオとジュリエット」は行われました。場所は六義園心泉亭。参加者6名。和やかに進行しています。

役柄のアサインをどうするかが難しいものになる不安を感じていましたが、案外にあっさりと済み、滑り出し好調意気揚々。読んでは適度にディスカッションすることを繰り返しました。このやり方には落ち着いて理解しながら読み進めるのに効果があったように思えています。
佳境に入る前に売店のうどんで腹ごしらえ。献立充実しており味噌田楽を食した方もいらっしゃいました。再開後は佳境から終局へと皆で読み切っています。

やってみて感じたこととして、一人の人が担当して最後まで読み切ったことで登場人物があたかも命を持った人間としてそこに存在していたかのような手応えが残っています。体温や息吹が感じられたのです。ロミオ、ジュリエット、マキューシオ、修道士、その他登場人物を今でも生きた存在として感じています

音読・朗読と演劇性が混淆一体となった衝撃がありました。
事前に行っていた黙読とは圧倒的に異なる体験です。
やって良かったと思います。

参加メンバーが全員哲学に関心のある方だったことは不思議な偶然でした。

参加者の声を紹介いたします。

「面白かった。自分の朗読力の低下にも驚いた。」
「色々な人と意見や感想の共有や交換ができて楽しかった」
「演劇には詳しくなかったが時代背景等、知ることが多く、またいろんな解釈があることを知り良かったと思う」
「読み方1つ1つが解釈の表れなので、文学論を戦わせるよりストレートに自分の考えを表現出来ると感じました。」

活動を発展させる励みとします。